4sqWalker ~ただの情報サイト~

ただのWEBサイト

ヘッドハンターから声をかけられた時に失敗する人とは

せっかくヘッドハンターから声をかけられたのに、
やんわりと断られてしまう。それはなぜか?

ここを知っておかないと一生ヘッドハンティングされないので、知っておこう。

採用するとは言っていない

ヘッドハンターからの声かけは、「相手を確かめる面談」です。

ヘッドハンターは企業から依頼されて、要望に合う人材を探しています。
そして、「多分この人は合ってそう」と思って声をかけるのですが、
さすがに情報だけでその人を知ることはできません。
そこで、「お話がしたい」と声をかけ、「面接してやる!」という気持ちで接します。

ヘッドハンティングされた人は「俺が相手にしてやっている」と勘違いする人が多いようです。

そして、偉そうな態度をしたらどうなるか?
いくら実力があったとしても、そんな人間を依頼元企業に紹介できません。
「人間性の悪さで却下」となります。

ヘッドハンターとの面談は、「確かめる場」です。
採用面接のようにしっかりとした対応をしないと失敗します。

条件に合わなかった場合

人間性に問題なくても、「ちょっと求めている人材と違う」ということにもなります。

そうなった場合、へっドハンターはどうするか?
それは、「いつでも声をかけられる人材」として確保することです。
その場限りなんてことはありません。

ヘッドハンティングされた側としても、良い付き合いをしていきたい。
仲良くなるとまた思わぬオファーが届くかもしれません。

よって、

1、偉そうにしない。
2、魅力的な話じゃなくても次を期待する。


この二つの気持ちで面談をしましょう。

しかしながら、断る勇気も大事です。
どういった時は断るのがいいか?
という点はまた次の話に。
断る方がいいヘッドハンティングは?


<記事一覧はこちらから>
ヘッドハンティングにて転職する!


4sqWalker ~ただの情報サイト~